Menu

ブラックの人がクレジットカードの審査に通るには?

■ブラックはクレジットカード審査に落ちる

ブラックになると、困るのがクレジットカードを使えなくなることです。
新規発行をしたくても、審査に落ちてしまいます。
クレジットカードなしで生活をすれば良いのですが、現代ではそうもいかないでしょう。
クレジットカードしか対応していないインターネット決済は、利用することができません。
現金が足りないときに、クレジットカードで支払っておく…ということもできません。
クレジットカードがあって当たり前となってしまった今、クレジットカードが使えないというのは不便極まりないでしょう。
ブラックでもクレジットカードが欲しい…と思っても、無理はないでしょう。

ブラックはクレジットカードの発行が難しいですが、100%無理というわけではありません。
ブラックでもクレジットカーを発行する方法はあります。

その前に「自分はブラックなのか?」を確認しておくことをおすすめします。
クレジットカードの審査に落ち続けると、ブラックの可能性を考えて良いでしょう。
クレジットカードの審査では、年齢、年収、勤務先、家族構成、勤続年数、居住形態など、さまざまな項目を総合判断して合否を決定します。
ただ個人信用情報にブラック情報(延滞、滞納、債務整理、自己破産など)があると、どんなに他の項目が良くても審査に落ちてしまいます。
ブラックになるとクレジットカードに申込みをしてもムダ…となってしまうことがほとんどなのです。

ブラックかを確認するには、個人信用情報に自分の情報を開示請求して行います。
クレジットカードの審査ではCICの情報が開示されますので、CICで開示請求をすると良いでしょう。
請求の方法はインターネット、郵送、事務所まで出向くなどの方法があります。
インターネットは早くて便利なのですが、手数料(1,000円)の支払い方法がクレジットカードのみなのがブラックにはツラいところでしょう。
ブラックでもクレジットカードを使えていれば、苦労はないですからね。
クレジットカードがないブラックは、インターネット以外の開示方法を選択してください。

CICの情報を開示して「異動」という記録があれば、ブラックということになります。
クレジットカードの審査落ち原因は、ブラックであることが証明されたことになるでしょう。
ブラックでもクレジットカードを発行する方法はあるのか?
ブラックでもクレジットカードを発行するには、そのような対策をすれば良いのか?
これから述べていきたいと思います。

■現在進行形のブラックを解消する

ブラックといっても、2つの種類があります。
ひとつは現在進行形のブラックです。
現在も延滞中、滞納中という状態になります。
もうひとつは、延滞や滞納を解消しているブラックです。
ブラックの情報は、延滞や滞納を解消してから5年ほど掲載され続けると言われています。
すべて支払いをしても、すぐにブラックでなくなる…というわけではないのです。

現在進行形中のブラックは、まずは滞納を解消することを考えましょう。
滞納をしている間は、個人信用情報にずっと「滞納」の記録が続くことになります。
支払いをしない間はブラックとなりますので、ブラックでなくなる可能性はありません。
まずは完済を目指すようにしましょう。

ブラックでも発行できるクレジットカードは、現在進行形のブラックは発行ができません。
審査通過できる可能性があるのは、滞納を解消しているブラックです。
現在進行形である限りは、ブラックでも発行可能なクレジットカードでも審査通過の可能性はないと考えてください。

クレジットカード会社からの督促を無視して逃げている方は、まずそれをやめるようにしましょう。
クレジットカード会社からの印象は、悪くなる一方です。
支払いが遅れるにしても、支払う姿勢を見せることが大切です。
「○○日までには○○円は支払う」などと伝えることで、踏み倒されるリスクが少ないとクレジットカード会社は考えるためです。
踏み倒しがクレジットカード会社が一番嫌う行為ですから、少しでも支払う気を見せてください。
クレジットカード会社からの電話も、気まずくても出るようにしましょう。
連絡が付くだけでも、印象が良くなります。

滞納額が高額になり支払いうのはとても無理というときは、債務整理を考えると良いでしょう。
債務整理で利息などを減らすことにより、支払いをするのがラクになります。
全く支払えない…というときは、自己破産も視野に入れると良いでしょう。
債務整理や自己破産は、自分で手続きをすることもできます。
ただ金融に関する知識が必要ですし、素人が行うのは大変でしょう。
法律事務所や弁護士事務所に、依頼をするのがおすすめです。
相談だけななら無料のところもありますので、まずは相談をしてみてください。

債務整理や自己破産をしてもブラックにはなりますが、滞納は解消されますので現在進行形のブラックではなくなります。
ブラックでも発行できるクレジットカードなら、審査に通過できる可能性が出てきます。

■ブラック明けを待ってクレジットカードに申込む

ブラックになってしまったら、一生ブラックのまま…というのはイヤですよね。
ブラックの期間は決まっており、時間が経過すると自然に個人信用情報から消えます。
CICですと5年経過すれば、ブラックではなくなると言われています。

ブラックでなくなれば、クレジットカードを作りやすくなります。
ブラックでもクレジットカードを作るのは難しいですから、ブラックでなくなってからクレジットカードの取得を目指すのが良いでしょう。

ただブラックでなくなったからといって、すべてのクレジットカードがすぐに発行できようになる…とはなりません。
ブラックでクレジットカードを使えなかった期間、クレヒスは構築されていません。
クレヒスに何の履歴も状態です。
クレヒスが真っ白なのは、現金主義であるか、ブラックだったかの2択になります。
可能性が高いのは、ブラックだったでしょう。
現在はクレジットカードを持っているのが当たり前で、現金主義なんてほとんどいませんからね。
クレヒスが真っ白=ブラック明けの状態と見ることができ、審査で警戒されてしまうのです。
ブラックでなくなっても、クレジットカードを作るのは大変…ということになります。

ブラックでも発行可能なクレジットカードは、ブラック明けにもおすすめです。
ブラックでも審査通過できるのですから、ブラックだと予想されても審査に通過できる可能性があります。
ブラックでは門前払いのクレジットカードよりも、発行できる確率は高いでしょう。
消費者金融系のクレジットカードは、審査が甘くブラックでも発行されることがあるとされています。
ブラック明けでも、比較的発行しやすいクレジットカードです。

また年会費無料の流通系クレジットカードも、比較的審査が甘くなっています。
流通系のクレジットカードは、個人信用情報にブラック情報がある時点で審査落ちとなることが多いです。
しかしクレヒスが真っ白でもブラック情報がなければ、審査に通過する可能性が出てきます。
元ブラックでも、発行できないことはないのです。

銀行系のクレジットカードは、審査がやや厳しめとなります。
以前よりは審査基準が引きさがっており、発行しやすくなったとは言われています。
それでもブラックでも発行できるクレジットカードはまずありません。
元ブラックでも、発行は難しいとなってしまうでしょう。
他の審査が甘いクレジットカードを使いクレヒスを作ってから、挑戦するのがおすすめです。

■ブラックでも審査落ちしないクレジットカードを選ぶ

ブラックでもクレジットカードを発行したい!
そう思っても、なかなかうまく行かなことが多いでしょう。
ブラックだと門前払いとなるクレジットカードは多いです。
審査が甘いと言われているクレジットカードにチャレンジしてみたけれど、見事に撃沈…という経験があるブラックもいるのではないでしょうか。

ブラックでもクレジットカードを発行するには、どれに申込みをするのか?が大切となります。
ブラックでも審査通過できる可能性があるクレジットカードに、申込みをするようにしましょう。
ブラックでも発行できる可能性がゼロのクレジットカードは、申込みをしてもムダとなってしまいます。

ブラックでも審査通過できるとされているのは、アコムが発行するACマスターカードです。
消費者金融が発行しているので、ローンカードと思っている方も多いようです。
しかしマスターカードが付帯しており、ちゃんとしたクレジットカードなので安心してください。
ACマスターカードは、ブラックでも発行されることがあります。
自己破産などを起こしてから1年以上経過していれば、審査通過できる可能性があるクレジットカードです。
最短即日発行も可能ですから、どうしてもクレジットカードが必要になってしまった…というブラックにもおすすめです。

ACマスターカードは、アコムのキャッシングカードで実績を作ると発行されやすいそうです。
まずはキャッシングカードに申込みをしてみて、それからACマスターカードに申込みをする…という方法を取るのもおすすめです。

ブラックでも審査通過できるとされているクレジットカードが、もう一枚あります。
それがアメリカン・エクスプレス・カードです。
アメックスはブラックだからといって、そこで審査落ちが決定するクレジットカードではありません。
ブラック情報があるとそこで審査を打ち切って否決とするクレジットカードが多いのですが、アメックスはブラックであっても審査を続けます。
そして現在は返済能力もあり問題ないと判断できれば、審査に通過できるクレジットカードなのです。
ブラックでも発行できるといっても審査難易度は高いのですが、正社員や公務員のブラックにはおすすめです。

2枚を比べると発行できる人が多いのは、ACマスターカードかと思われます。
ACマスターカードはアルバイトやパートなどの非正規社員や、学生でも発行が可能です。
安定収入があれば高い年収は必要ありませんし、発行しやすいと感じる方は多いでしょう。

■ブラックはハウスカードでクレヒスを積む

クレジットカードの審査を有利にしたいなら、クレヒスを構築することです。
クレジットカードを利用すると、個人信用情報に記録がされます。
利用と支払いをくり返し延滞などがなければ、優良なクレヒスとなります。
今後も同じようにクレジットカードを良い使い方をしてくれるだろうということになり、審査に通りやすくなるのです。
ブラックでも良いクレヒスがあれば、クレジットカードの審査は有利にすることができます。
ただブラックでも発行できるクレジットカードは、ほとんどないのが現状です。
クレヒスを作るといっても、ブラックには無理!となってしまいますね。

そこでおすすめしたいのが、ハウスカードです。
ハウスカードは、国際ブランドが付帯しないクレジットカードです。
特定のガソリンスタンドのみ、特定のスーパーのみなど、利用場所が限定されており、どこでも使うことはできません。
しかし審査は通常のクレジットカードよりも、甘くなっていることが多いです。
ブラックでも発行できる可能性があります。
利用場所が限定されているといっても、クレジットカードですので使えばクレヒスは構築されます。
ブラックでも良いクレヒスを作ることができるツールとなるのです。

ブラックによく利用されるハウスカードが、コスモ・ザ・カードです。
コスモ石油のみで使えるクレジットカードで、ブラックでも発行が可能と言われています。
車を所有しているなら、発行してみると良いでしょう。
そのほかには日産カード、紀伊国屋メンバーズカード、パナカード、CPコスメティクスカードなどがあります。
また地方のスーパーなどでも、ハウスカードが発行されていることもあります。
普段利用するお店などでハウスカードが発行されていれば、申込みをしてみると良いでしょう。
クレジットカードの審査には落ちても、ハウスカードならブラックでも発行されるかもしれません。

ただハウスカードを使ったら、支払いが遅れないように注意をしてください。
延滞などをしてしまうと、ブラックとなってしまいます。

以前はハウスカードの種類がまだたくさんありました。
しかし現在は新規会員募集停止となってしまい、クレジットカードに切り替えられている傾向にあります。
クレジットカードがあれば、ハウスカードをわざわざ発行する意味がない…ということのようです。
なのでブラックでも発行できるクレジットカードは、減ってしまったと言えるでしょう。
ブラックにとっては厳しい現実ですが、仕方がありません。