Menu

ブラックにおすすめのクレジットカード

■ブラックでもクレジットカードを発行するコツ

ブラックがクレジットカードに申込みをしても、審査に落ちることが多くなります。
ブラックでもクレジットカードを発行するには、コツがあります。

・ブラックでも発行可能なクレジットカードを選ぶ
ブラックでも発行できるクレジットカードは、そうありません。
適当に選んで申込をしても、審査に落ちる可能性が高いでしょう。
ブラックになってしまったら、ブラックでも発行可能なクレジットカードを探さなければなりません。
おすすめなのは、ACマスターカードです。
審査が甘く、ブラックでもも発行できる可能性があります。
アメックスもブラックでも発行できますが、審査が厳しめなのでハードルが高いと感じる方が多いでしょう。
楽天カードもブラックでも発行できると言われていますが、難易度は高いようです。
運が良ければ、ブラックでも楽天カードを発行できるかもしれません。

・申込フォームは心を込めて入力する
クレジットカードは、オンラインで申込みをすることが多いでしょう。
クレジットカード会社のも申込フォームに必要事項を入力していきますが、心をこめて埋めていきましょう。
間違い、虚偽、空欄などがあると、真面目に申込をしていないではないか?という印象を与えてしまいます。
ブラックで申込フォームの作成も不真面目…となると、まず審査に通ることはないでしょう。
良く見せようとしてウソを入力する例もありますが、ウソだとばれるとクレジットカード会社は信用できない人と判断します。
審査通過をしたいなら、ウソはつかないことです。

・ブラックとなったクレジットカード会社は避ける
滞納や債務整理をすると、クレジットカード会社内のブラックとなります。
社内ブラックになると、もうその発行元のクレジットカードは発行することができません。
ブラックの原因となったクレジットカード会社は、避けるようにしましょう。
ブラックでも発行できるACマスターカードでブラックとなったら、また申込をしても審査におちます。
またACマスターカードの発行元となるアコムで滞納などを起こしブラックなった場合も、ACマスターカードの発行は難しいでしょう。
個人信用情報からブラック情報が消えても、社内ブラックは継続されますので注意をしてください。

審査対策をすることで、クレジットカードの審査通過率を上げることは可能です。
少しでも審査に通りたいなら、上記のことに気を付けて申込をしてみてください。
1度でダメでも、半年ほど経過すれば再チャレンジをすることもできます。

■ブラックでも絶対発行できるクレジットカード

ブラックでも発行しやすいクレジットカードはないのでしょうか。
ブラックでも発行できるクレジットカードでも審査に落ちてしまう場合は、デビットカードがおすすめです。
デビットカードは、ブラックでもほぼ100%審査に落ちることはありません。

クレジットカードは、支払いを一時的に伸ばせるものです。
今は代金を支払わず、1か月後にクレジットカード会社に支払いをします。
一時的にクレジットカード会社が、利用代金を立て替えてくれるためです。
デビットカードは、利用した瞬間に支払いを行います。
利用した時点で、決済口座から代金が引き落とされるのです。
クレジットカード会社が立て替えることがないので、審査がなくても発行することができるのです。

ただデビットカードって、クレジットカードのように使えるのでしょうか。
クレジットカードが欲しいのに、デビットカードってどうなの?!と感じるのではないでしょうか。

デビットカードは決済方法はことなりますが、利用方法はクレジットカードと変わりはありません。
実店舗では、レジでデビットカードを出せばOKです。
インターネットショッピングでは、デビットカードの番号などを入力すれば決済ができます。
国内だけでなく、海外でも利用が可能です。
デビットカードという名前ですが、クレジットカードのように使うことができます。
ブラックでも発行できるので、クレジットカードが発行できないならおすすめです。

そしてブラックでも発行できるクレジットカードがもう一つあります。
それは家族カードです。
家族カードは、本カード会員の配偶者、親、子などに発行することができます。
審査の対象は支払いを行う本カード会員となります。
家族カードを発行するのが、ブラックでも関係ないのです。
家族カードを発行してもらえる家族がいれば、ブラックでも簡単にクレジットカードを持つことができます。

ただデビットカードも家族カードも、クレヒスを構築することはできません。
どちらも個人信用情報に、利用履歴が記録されないためです。
ブラックでもいずれは自分名義のクレジットカードを持つことを目指しましょう。
クレヒスが構築されないと、いつまでもクレジットカードを持つことは難しいです。
ブラックでも発行できるクレジットカードの審査に落ちても、ブラック明けに再度申込をすれば審査通過できるかもしれません。
クレヒスを構築していけば、いろいろなクレジットカードを発行できる確率が高くなります。

■ブラックでも発行できるデビットカード

クレジットカードには、審査がないものはありません。
審査をクリアしないと発行できないワケですから、ブラックにとってはハードルが高い…となってしまいます。
ブラックでも審査落ちしないクレジットカードはないの?!と思ってしまいますね。

ブラックでも絶対に審査落ちしたくない…というときに、おすすめなのはデビットカードです。
デビットカードはブラックでも審査に落ちることはありません。
なぜならデビットカードには、審査がないためです。
審査がなければ、ブラックでも審査に落ちることはないというわけです。

デビットカードの審査がないのは、利用をした時点で支払いが行われるためです。
コンビニで500円をクレジットカードで支払いをしたとします。
この場合はクレジットカード会社が、コンビニに500円を支払います。
そして利用者がクレジットカード会社に、後日500円を返す…という仕組みです。
クレジットカード会社に支払いをしなければなりませんので、返済能力の有無を審査する必要がでてきます。
デビットカードはコンビニで500円を支払ったら、その時点で決済口座から500円が支払いが行われます。
利用者がその時点で支払いを行っており、後日どこかに支払いをする…という行為は必要ありません。
なので審査がなくても、発行されるようになっているのです。
デビットカードならブラックでも無職でも、発行することができます。

デビットカードは銀行で発行されており、銀行に申込みを行います。
すでに口座があれば、審査なしですぐに発行されます。
口座がない場合はまずは口座を開設してから、発行ということになります。
ブラックでも金融機関に口座を開設することはできますので、安心してください。

おすすめのデビットカードは、楽天銀行のデビットカードJCBです。
JCBブランドは年会費無料です。
100円の利用ごとに1ポイントがたまりますので、クレジットカードのようにお得に使うことができます。
楽天銀行にはVISAのデビットカードもあるのですが、こちらは年会費は有料となります。
またポイント還元率も下がりますので、JCBブランドの方がおすすめ度は高いです。
国際ブランドがどうしてもVISAが良い!というなら仕方がありませんが、JCBをおすすめします。

デビットカードがあればインターネット決済もできるようになりますし、海外で使うことも可能です。
クレジットカードがない不便さを、感じなくなるでしょう。

■ブラックでも発行できる家族カード

ブラックでも審査なしで発行できるのが、デビットカードです。
クレジットカードのように使えるデビットカードですが、一部利用が制限されることもあります。
クレジットカードが使えるところでも、デビットカードに対応していないケースがあるのです。
それならやっぱりブラックでもクレジットカードが欲しい…となってしまうでしょう。

ブラックでも発行できる可能性が高いのが、家族カードです。
家族カードは、本カードで追加発行をするクレジットカードです。
機能などは本カードと同じとなり、保険なども本カードと同様に利用することが可能です。
本カードよりも年会費が低く設定されていることが多く、お得なクレジットカードと言えるでしょう。

家族カードの特徴は、発行対象である家族なら誰でも発行ができるということです。
本カード会員の18歳以上の子供、配偶者、親などであれば、申込みをすればすぐに発行してもらえます。
発行をする家族に返済能力がなくても、問題はありません。
ブラックでも、家族カードはすんなり発行してもらえるのです。

ブラックでも家族カードが発行されるのは、返済するのは家族カード会員ではないためです。
家族カードの利用分は、本カードと合算されて請求が行われます。
支払いをするのは本カード会員ということです。
それなら家族カードを使うのがブラックでも関係ないのです。
ブラックでも発行しやすいクレジットカードというのは、ありがたいですね。

ただ家族カードには、デメリットもあります。

家族カードは利用をすると、本カード会員に請求が行われます。
つまり使った日時、場所、金額などが、家族に筒抜けとなってしまうのです。
家族にこっそり何かを買いたい…というのは、難しいとなってしまうでしょう。
家族に「使いすぎ!」と、小言を言われる可能性もありますね。

そして家族カードは、発行できる対象が狭くなってしまいます。
同居し生計を共にしている同性の子、親、配偶者となり、独立した子供、別居している親などには発行することができません。
ブラックでも発行できるといっても、発行してもらえる家族がいない…ということもあるでしょう。

また家族カードを利用しても、クレヒスは構築できません。
支払いをするのは本カード会員となるので、家族カード利用者のクレヒスとはならないのです。
将来クレジットカードを発行しやすくするためにクレヒスを構築したい!という場合には、向いていない…となってしまいます。

■アメックスはブラックでも発行できる?

ステータスが高いクレジットカードとして、人気が高いのがアメリカン・エキスプレス・カードです。
以前より審査基準は引き下げられているとは言っても、カンタンン発行することはできません。
アルバイトやパートといった非正規社員では審査に落ちますし、審査は厳しいクレジットカードでしょう。
しかしアメックスは、審査が甘いクレジットカードと言われることがあります。
それはアメックスは、ブラックでも発行されているクレジットカードだからです。
現在ブラックでも審査に通るクレジットカードは、一部しかありません。
ほとんどがブラックというだけで審査に落ちてしまうのに、アメックスはブラックでも審査通過できます。
それなら審査が甘いクレジットカードだろう…となるわけです。

アメックスは独自の審査方法を取っており、過去のブラック情報は気にしません。
重要としているのは、今現在の返済能力です。
現在非正規社員ではなく年収もそれなりあり、返済能力が十分であると判断されれば、個人信用情報にブラック情報があっても発行となります。
過去に延滞、債務整理、自己破産などをしていても、現在に問題がなければ良いという考えで審査が行われるのです。
ブラックにはおすすめのクレジットカードでしょう。

ただ先にも述べましたが、アメックスは審査が甘いわけではありません。
スタンダードカードとなるアメックスのグリーンカードでも、年収は300万円以上は必要とされています。
どんなクレジットカードでも発行できる属性だけれど、ブラックなので審査に落ちる…といったケースにおすすめとなります。

アメックスには提携クレジットカードもありますが、ブラックでも発行できるのはプロパーのみとなります。
セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードなどはアメックスではなく発行元のクレディセゾンが審査をしますので、ブラックでも発行できる…とはなりません。
ブラックはアメックスのプロパーカードを選びましょう。

・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費は初年度無料ですが、翌年度より12,000円(税別)となります。
年会費は高めですが空港ラウンジ無料サービス、手荷物宅配サービス、エアポート送迎サービス、国内・海外旅行保険付帯など、サービスの面では充実しています。
ワンランク上のサービスを受けたい方におすすめです。
ブラックでもアメックスのようなステータスの高いクレジットカードを発行できるのは嬉しいですね。