Menu

ブラックになる原因をおさらいしよう

■ブラックはむやみにクレジットカードに申込をしない!

ブラックになると、発行できるクレジットカードが限られてしまいます。
とりあえずたくさん申込をすれば、1枚くらいブラックでも審査通過できるクレジットカードがあるかも?!なんて思ってしまう人もいるようです。

何も考えずにやみくもにクレジットカードに申込みをするのは、おすすめできる行為ではありません。
申込みをするときは、ブラックでも審査通過できそうなクレジットカードに絞りましょう。
クレジットカードに申込みをすると、個人信用情報に申込み履歴が記録されます。
何枚も申込をしていると、申込みブラックとなり審査に落ちやすくなるのです。
多重申込をするのは、お金に困っている証拠として捉えられます。
お金がないのでクレジットカードで買い物をしようとしている、クレジットカードのキャッシングをしようとしているなどと思われるのです。
またクレジットカードをたくさん発行して使いまくり夜逃げをするのではないか、クレジットカードの現金化をするのではないか?と思われることもあります。
ブラックでも発行できるクレジットカードでも、多重申込により審査に落ちることもあるでしょう。

そして個人信用情報に申込み履歴があるのに契約に至っていないと、審査落ちしたことが明白です。
他社が審査落ちさせているのは、問題がある人なのだろう…となります。
ウチも審査通過はやめておこうとなり、発行できない可能性が高くなるのです。

ブラックというだけで審査には落ちやすくのに、多重申込によりさらに審査に落ちやすくなるなります。
そうなると審査に通過できる可能性は、ほぼ0%に近いとなってしまうでしょう。

クレジットカードの申込履歴は、半年経過すれば自動的に消えます。
申込みをして契約に至らなかったら、次は半年後に申込みをするのが良いでしょう。
半年経過して申込をすれば、過去にクレジットカードの審査に落ちたことを知られずにすみます。

ブラックでも発行できるクレジットカードは少ないので、たくさん申込をしたい…という気持ちはわかります。
早くクレジットカードが欲しい!と思えば思うほど、次々と申込したくなってしまうかもしれません。
しかしクレジットカードの審査には、良い影響は与えないので注意をしてください。

現在ブラックでも発行できるクレジットカードは、ACマスターカードとなります。
消費者金融系の審査が緩いクレジットカードなので、ブラックにもおすすめです。
まずはACマスターカードに申込みをしてみるのが良いでしょう。

■ブラックになったクレジットカード以外に申込む

ブラックに一度なってしまうと、ずっとブラックが続くわけではありません。
何年か経過すれば、個人信用情報からブラック情報が消えます。
ブラックでなくなれば、ブラックでも発行可能なクレジットカードにこだわらなくても良くなります。

ただブラックでなくなっても、永遠に発行できないクレジットカードもあります。
それはブラックの原因を作ったクレジットカードです。
延滞、債務整理、自己破産など、ブラックになる原因はいくつかあります。
どれであってもブラックとなる行為を行ったクレジットカードは、以降審査に通ることはないでしょう。
ブラックでも審査通過ができるような審査が甘いクレジットカードでも、審査落ちが濃厚となります。

延滞などブラックになる行為を行うと、クレジットカード会社の要注意人物リストに掲載されてしまうためです(社内ブラックとも呼ばれます)。
社内ブラックになると、もうそのクレジットカードは使うことができません。
同じ発行元となるクレジットカードも、審査におちます。
たとえばセゾンカードインターナショナルでブラックになったとすると、発行元となるクレディセゾンのクレジットカードはすべて発行不可能となります。
セゾンアメックス、PARCOカード、ロフトカード、MUJIカード、ウォルマートセゾンなど、すべて審査に落ちてしまうのです。

ブラックでも発行可能となっているクレジットカードでも、一度迷惑をかけると発行できません。
ブラックでも発行可能とされているのが、ACマスターカードです。
アコムが発行しているので、過去にアコムでブラックとなっていれば発行は難しいでしょう。
アコムが保証会社となっているカードローンなどでブラックとなっても、ACマスターカードは審査に落ちると言われています。
たとえば東京三菱UFJ銀行は、保証会社がアコムとなっています。
東京三菱UFJ銀行のカードローンでブラックとなった過去があれば、アコムで社内ブラックとなっている可能性が高いです
よってACマスターカードは発行できないとなるのです。

社内ブラックは永遠に引き継がれるものです。
5年経過したら消える、10年経過すれば消えるということはありません。
また合併などをしてクレジットカードの会社名が変更になっても、社内ブラックのリストが引き継がれている可能性がありますので注意をしましょう。
ブラックとなったクレジットカード会社以外のクレジットカードに、申込みをするようにしてください。

■大丈夫?!ブラックになる意外な原因

ブラックのはずがないのに、クレジットカードの審査に落ちる…という声を良く聞きます。
しかし他に審査落ちする心当たりがないとなると、ブラックである可能性が高いでしょう。
自分の知らないとこで、ブラックになっているかもしれません。

近年多いブラックの原因が、携帯電話料金の未払いです。
クレジットカードやローンではないのに、なぜ携帯電話料金がブラックと関係あるのか不思議に感じるかもしれません。
携帯電話料金には、通話料金だけでなく携帯電話機本体の価格が含まれていることが多くなりました。
高額なスマートフォンは、2年契約などとなっていますよね。
これは2年分割で携帯電話機料金を支払っていることになるのです。
割賦契約となりますので、支払い状況は個人信用情報に掲載されます。
未払いとなると滞納の記録がされ、ブラックとなってしまうのです。
ブラックでも発行できるクレジットカードを選択しないと、審査通過するのは難しいでしょう。

携帯電話を購入するときに、「支払い状況を個人信用情報機関に登録します」といった旨の言葉が契約書に記載されています。
しかしそんな細かいところまで確認している人は少ないです。
ほとんどの人が携帯電話料金の未払いが、ブラックにつながることを知らないと言えるでしょう。
クレジットカードやローンの契約に支障をきたしますので、携帯電話料金はきちんと支払うようにしてください。

そして奨学金の未払いにより、ブラックでも審査通過できるクレジットカードにしか申込ができない…というケースも増えています。
奨学金の返済状況も、個人信用情報に記録がされています。
社会人になったけれど返済がきつくて滞納をしている場合は、ブラックとなっているのです。
こうなるとブラックでも発行できるクレジットカードしか、審査通過の可能性がなくなってしまいます。
滞納をしているなら、なるべく早く返済をするようにしましょう。
奨学金の返済は後回しにしがちですが、支払わないと大変なことになりますよ。

まれなケースではありますが、クレジットカード会社や携帯電話会社が間違ってブラック情報を登録してしまったということもあります。
本来はブラックではないのに、クレジットカードが作れなくなってしまうのです。
今まで何度かこういった間違いがあり、訂正がされたというニューズがありました。
自分の個人信用情報は、定期的にチェックをしておいた方が良いかもしれません。

■ブラックでも発行できるクレジットカードとはウソ?

ブラックでも発行できるクレジットカードは少ないです。
現在ブラックでも発行されたケースがあると確認されているのは、ACマスターカードとアメックスくらいでしょう。
しかしインターネット上の口コミなどを見ると、他にもブラックでも発行できたというクレジットカードが存在しています。
「そんなはずはない」と思うようなクレジットカードもあります。
これはいったいどういうことなのでしょうか。

まず考えられるのは、ウソの情報を掲載しているということです。
インターネット上などにある口コミは、すべてが真実とは限りません。
中には虚偽の内容もあるでしょう。
クレジットカードの口コミも、真実とは異なるものがないとは言えないでしょう。
ブラックでも発行できたという口コミも、ウソである可能性があるのです。
真偽を判断するのは難しいですが、すべての情報を鵜呑みにしてはダメです。
「ブラックでも発行できた」という口コミを信じて申込をしたけれど、門前払いだった…となる可能性もあります。

そして実はブラックではなかったという可能性もあります。
自分がブラックだと思ってクレジットカードに申込みをします。
審査通過ができたら、ブラックでも発行できるクレジットカード…ということになりますよね。
しかし実はブラックではなかったということがあるのです。
多少の延滞でもブラックになると思っていたり、税金の滞納をしたのでブラックだ、過払い金請求をしたのでブラックだと思っているなんてケースもあります。
実際は短期間の延滞では、ブラックとはなりません。
ブラックとなるのは61日または3か月以上の延滞となりますので、短期間ではブラックとはならないのです。
また税金の滞納では、ブラックにはなりません。
税金の支払い状況は、個人信用情報に掲載されることはないためです。
公共料金の支払いなども、ブラックとは関係ありません。
過払い金請求をすると、以前は個人信用情報に記録がされブラックとなっていました。
しかし現在は完済した分の過払い金請求で、ブラックとなることはありません(支払い中の過払い金請求はブラックになる可能性があります)。
ブラックでなければ、発行できるクレジットカードは多くなるでしょう。
ブラックでないので発行できたのに、ブラックでも発行できたと勘違いしてしまうケースもあるということです。

ブラックでも発行できるクレジットカードといった口コミには、惑わされないようにしましょう。

■クレジットカードを使いたいならブラックにならない!

ブラックになってしまうと、クレジットカードが発行できなくなります。
100%発行できなくなるわけではなくブラックでも発行可能なクレジットカードはありますが、ブラックの審査通過率は低いです。
クレジットカードを使いたいなら、ブラックにならないようにしなければなりません。

・計画的に使う
支払いができなくなる→延滞をする→債務整理をする…となります。
ブラックにならないためには、計画的にクレジットカードやローンを使わなければなりません。
返済ができる範囲内で使うようにしましょう。
どうしても使いすぎてしまう人は、利用限度額を低くするのがおすすめです。
利用限度額を最低に設定しておけが、それ以上は使えないようになります。
どんどん使ってしまう…という状態を、防止することができます。

・リボ払いは使わない
クレジットカードのリボ払いは便利です。
毎月決まった金額を支払えば良いですし、ポイントが高いなどの特典もあります。
しかしリボ払いは、ブラックになりやすい支払い方法です。
利用残高が減らず、気が付くと首が回らないような利用金額になることがあるのです。
放っておくと利息がどんどんつき、借金は増えていくだけです。
クレジットカードを使うときは、手数料が必要ない一括払いを使うのがおすすめです。
一括払いがダメなら、2回払いまでにすると良いでしょう。
2回払いは手数料無料とするクレジットカードが多いためです。

ブラックでも審査通過できるクレジットカードを発行できた場合も、リボ払いは使わない方が良いです。
ただブラックでも発行可能なACマスターカードは、リボ払い専用クレジットカードとなってしまいます。
ブラックにはおすすめしたくないのですが、ブラックでも発行できるのはこれくらいしかないので仕方がありません。
なるべく全額支払いをするのがおすすめです。

・複数から借入をしない
返済ができなくなると別のところから借り返済をする人は多いです。
しかしこれはどんどん借入件数が増えてしまいます。
気が付くと多重債務となり、どうにもならなくなってしまうでしょう。
複数から借入を考える前に、今ある借金の整理を考えるのがおすすめです。
借金が膨らむ前に、債務整理や自己破産の手続きをとってください。

ブラックにならなければ、発行できるクレジットカードは多々あります。
審査が甘い流通系のクレジットカードあたりなら、それほど苦労なく発行できる可能性もあるでしょう。
ブラックでも発行可能なクレジットカードを探さなくても良いので、ブラックにならないように気をつけてください。