Menu

ブラックに関する知識と、ブラックでも入会できるクレジットカード

■ブラックが勤務先や家族に与える影響

ブラックになってしまうと仕事先や家族に迷惑がかかるのでは?と心配するケースがあります。
仕事先に知られてしまい退職させられてしまったり、学生なら就職に響いたりすると困りますよね。

ブラックの情報は、他人に知られることはありません。
個人信用情報は、誰でも開示できるものではないためです。
クレジットカード会社や消費者金融などは、金融商品の申込や更新時など必要に応じて開示しているだけです。
勤務先や就職時に、個人信用情報が開示されることはないのです。
そのため就職などに、ブラックであることが影響することはないので安心して良いでしょう。

ただクレジットカードなどの支払いがされないと、勤務先に督促の電話が入ることがあります。
クレジットカード会社から「○○さんはいらっしゃいますか?」という電話を受けた人が、「督促では?」と勘繰る可能性はあります。
クレジットカードの支払いをしていないことが、会社に知られるかもしれないのです。
滞納をしているのは良いイメージはありませんので、昇進などに全く影響がない…とは言えないかもしれません。
クレジットカードなどの支払いは、きちんと行っておいた方が良いでしょう。

また自分がブラックだからといって、家族もブラックしか発行できないクレジットカードしか持てない…とうこともありません。
クレジットカードに申込みをしたときに、開示されるのは申込者本人の個人信用情報のみです。
なので家族がブラックだからといって、無理にブラックでも発行できるクレジットカードを探す必要はないのです。
ただ配偶者や同居する家族がブラックのときは、個人信用情報に類似情報が出てくることがあります。
同じ住所、姓名の人にブラックの人がいますよ、という情報が出てくることがあるのです。
家族がブラックであれば、申込者もブラックになる可能性がある、ブラックの家族に頼まれてクレジットカードに申込みをしたのではないか?と判断されることがあります。
そうなるとクレジットカードは、審査に落ちやすくなってしまうでしょう。
同居をする家族がブラックのときは、ブラックでも発行可能なクレジットカードを選んだ方が良い場合もあると言えます。

ブラックになると、家族にも迷惑をかけてしまう可能性があることになります。
「お前のせいでブラックでも発行できるクレジットカードしか作れない!」と家族に嫌な顔をされないように、ブラックにならないようにすると良いでしょう。

■ブラックは100%クレジットカードが作れない?

ブラックになると、クレジットカードを使うのは難しくなります。
どんなクレジットカードも、使えなくなってしまうのでしょうか。

ブラックになると、ほとんどのクレジットカードで利用制限が行われます。
クレジットカードの審査は、新規発行時だけではありません。
定期的に与信審査を行い、クレジットカードを使わせても良いか?が判断されています。
与信審査でブラックの情報があると、有効期限が更新されなかったり、利用停止となってしまいます。
支払いをしない事実があるのですから、クレジットカードを使わせるのは危険…となってしまうためです。

今まで使っていたクレジットカードが使えなくなってしまったら、新しいクレジットカードを発行しようと思うでしょう。
しかしブラックになってしまうと、発行できるクレジットカードはほとんどなくなってしまいます。
ブラックであるだけで審査におちてしまうのです。
ただブラックでも発行可能なクレジットカードはあります。
ブラックでも発行できたという例がいくつか報告されていますので、ブラックは100%クレジットカードの新規発行ができないということはないでしょう。

以前はブラックでも発行されるクレジットカードが、何種類かはあったようです。
しかし出資用の改正で総量規制が施工され、クレジットカードの審査が全体的に厳しくなってしまったようです。
そのためブラックでもOKだったのに、NGになってしまったクレジットカードもあるようです。
また発行元が変更になり、ブラックでも発行するのは難しくなった…というクレジットカードもあります。
ブラックでも発行できるクレジットカードは、現在では見つけるのはたやすくないと言えるでしょう。

ただブラックでも発行可能なクレジットカードも、現在進行形のブラックでは審査に通ることができません。
滞納をしている最中で申込みをしても、審査に落ちるのは目に見えているでしょう。
滞納をしているなら、まずは解消を目指さなければなりません。
解消をしてから数年経過すれば、ブラックでも審査通過できる可能性が出てくるようです。
滞納をそのまま放っておいては、いつまでたってもクレジットカードは使えないというわけなのですね。
口コミなどの実例を見てみると、滞納が解消された日から1年~2年程度経過していれば、ブラックでも発行ができるようです。
債務整理や自己破産でも、同じくらいで審査に通る可能性が出てくると思われます。

■ブラックはETCカードを発行できる?

高速道路の走行料金が割引になるのが、ETCカードです。
ETCカードは、クレジットカードを発行しなければなりません。
クレジットカードを発行できないブラックは、ETCカードも発行できない…となってしまいます。

ブラックでも発行できるクレジットカードで、ETCカードを発行すれば良いのでは?と感じるでしょう。
少ないですがブラックでも発行可能なクレジットカードはあります。
それでETCカードを発行するのが、一番良い方法です。
しかしブラックでも発行できるACマスターカードは、ETCカードの発行がありません。
ETCカードを発行することは、不可能なのです。
もしブラックでもクレジットカードが発行できても、ETCカードは使えないことになります。

ブラックでも発行できるアメックスには、ETCカードがあります。
ブラックはアメックスでETCカードを発行するしかないでしょう。
アメックスのETCカードは個人向けだと年会費無料、発行手数料は850円(税別)となります。

楽天カードはブラックでも、発行されることがあるとされています。
ETCカードを発行したいときは、楽天カードに挑戦をしてみても良いでしょう。
ただ楽天カードは審査が甘いのですが、ブラックには厳しい審査を行うクレジットカードです。
ブラックでも発行するのは、難しいかもしれません。
ETCカードは発行手数料無料ですが、年会費は500円(税別)となります。

ETCカードはクレジットカードなしでも、発行することはできます。
ETCパーソナルカードというものは、ETCカード単体で発行することが可能です。
これならブラックでも、利用が可能です。
ただETCパーソナルカードは、多額のデジポットが必要となります。
発行するだけで最低2万円が必要となり、何万円ものデジポットを用意しなければならないのです。
以前は最低でも4万円のデジポットが必要となっており、最低金額が引き下げられてはいます。
それでもまだ高額と感じてしまうでしょう。
また1,234円の年会費が必要となってしまいます。
申込みは書類のみとなりオンラインが利用できないのも不便です。
ブラックでも発行できるのはありがたいのですが、やはりクレジットカードでETCカードを発行するのがおすすめとなります。

ブラックになると、ETCカードの発行にも苦労してしまいます。
クレジットカードは使えなくなってしまいますし、ブラックになっても良いことは一つもないでしょう。

■ブラックでも発行可能なACマスターカード

ブラックでも作れるクレジットカードはあります。
数が少ないので探すのが大変なのですが、ブラックでもクレジットカード取得をあきらめなくても良いのは助かります。

現在ブラックでも発行できるクレジットカードは、ACマスターカードです。
ACマスターカードは、審査が甘い消費者金融系のクレジットカードです。
ブラックでも審査に通過した例がいくつもあります。
クレジットカードは返済能力がない人は審査に落ちます。
ブラックとなった理由は、返済能力がないからでしょう。
返済できれば滞納をしたり、自己破産をすることはありません。
ACマスターカードは返済能力が低くても、少しでも返済能力があれば審査通過ができます。
ブラックでも返済できる可能性が少しでもあれば、発行されるクレジットカードなのです。

ブラックでも発行できるACマスターカードの特徴を見ていきましょう。

・申込方法
オンライン、店舗、郵送などでの申込ができます。
店舗は全国に設置されている無人契約機でできます。
申込み方法によって審査結果が変わることはありません。

・発行スピード
最短即日発行が可能です。
クレジットカードはスピード発行でも1週間くらいしないと使えないので、すぐに使いたいときにはおすすめのクレジットカードです。
即日発行をするときは、無人契約機で受け取りをします。
郵送での受取は、使えるまで1週間程度かかります。

・年会費
年会費は永年無料です。
年会費が無料なので、誰でも申込がしやすいのではないでしょうか。

・デメリット
ACマスタカードは、審査に通りやすくブラックでも発行できる、即日発行ができるといったメリットがあります。
しかしデメリットがないわけではありません。
一番のデメリットは、ポイントがたまらないことでしょう。
クレジットカードがお得なのは、使うとポイントを獲得できるからです。
しかしACマスターカードは、ポイント還元率は0%なのです。
また保険などのサービスも、全くありません。

ただブラックにとっては、発行できる可能性があるだけでもありがたいのではないでしょうか。
ブラックでも発行可能であれば、ポイントが付かなくても良いと感じる方も多いかと思われます。

ACマスターカードは、審査が甘いのでブラック明けでも審査通過しやすくなっています。
個人信用情報にブラック情報がなくなった後、最初に発行する1枚としても良いでしょう。
このクレジットカードでクレヒスを積むのがおすすめです。

■ブラックでも発行可能なアメックス

ブラックでも発行できるクレジットカードは、少ないですがあります。

ブラックでも発行例があるクレジットカードが、アメリカン・エクスプレス・カード(アメックス)です。
アメックスは外資系のクレジットカードです。
審査が甘いわけではないのですが、ブラックでも発行できるとされています。
多くのクレジットカードは、個人信用情報にブラックの記録があるだけで審査落ちとします。
ブラックとなるような滞納や自己破産をした人は、また同じ過ちをする可能性が高いです。
クレジットカードを発行して、またブラックとなると発行元は損をしてしまいます。
そのためブラックというだけで、審査に落ちるのです。
ブラックになると、クレジットカード会社に信用してもらうのは難しいというわけですね。

しかしアメックスは、過去のブラック情報はそれほど気にしません。
現在十分な返済能力があれば、発行する方針のクレジットカードです。
過去にブラックでも、現在に問題がなければ良いということになります。

ブラックでも発行できるアメックスの特徴

・申込方法
オンラインでの申込がおすすめです。
オンラインなら、24時間いつでも申込ができます。

・発行スピード
申込みから約2週間程度での発行となります。
クレジットカードとしては、一般的な期間でしょう。

・年会費
アメリカン・エクスプレス・カード(グリーンカード)は、12,000円(税別)、アメリカン・エクスプレス・ゴールド・カードは29,000円(税別)となります。

・空港ラウンジサービスがある
一般カードのグリーンカードでも、空港ラウンジ無料サービスが付帯しています。
しかも同伴者も1名までなら無料になります。
空港ラウンジが使えるクレジットカードは他にもありますが、同伴者まで無料というサービスはアメックスならではでしょう。

・デメリット
アメックスのデメリットは、審査が厳しいことです。
ブラックでも発行できるなら、審査は甘いのでは?と思いますよね。
しかしアメックスは審査が厳しいクレジットカードに入ります。
フリーターなどの非正規社員ではまず審査におちますし、その辺の審査が甘いクレジットカードとは違うのです。
審査は厳しいけれど、ブラックでも発行できるクレジットカードとなるでしょう。
また年会費が高いことも、デメリットの一つです。
サービスが多々付帯しているのですが、利用する機会がないのであれば、それだけの年会費を支払う価値はなくなってしまうでしょう。