Menu

ブラックだとクレジットカードが持てない?

■ブラックはキャッシング枠を付けない方が良い?

クレジットカードの審査通過率を上げるには、キャッシングを付けない方が良いと言われています。
クレジットカードのキャッシングは、ショッピング枠とは別に審査をされます。
ショッピング枠とキャッシング枠、どちらの審査もクリアしなければならず、難易度があがるためです。
またキャッシングはお金に困っている人のためのサービスです。
キャッシングを付けたいと思うのは、お金に困っているのだろう…と審査で思われてしまいます。
お金に困っている人にクレジットカードを発行するのは、誰だって危険だとなるでしょう。
しかもブラックだったら、さらに貸し倒れリスクが高まると判断されます。
そのためキャッシングを付けると、クレジットカードの審査に落ちやすくなるのです。

ブラックでも発行できるクレジットカードではどうでしょうか。
ブラックでも発行できるクレジットカードに、消費者金融系があります。
消費者金融系のクレジットカードは、キャッシング枠を付けても審査にはそれほど影響しないでしょう。
消費者金融はお金を貸すのが本業です。
本音はクレジットカードでショッピングをするより、キャッシングをして欲しいです。
むしろクレジットカードには、キャッシングを付けて欲しい…とうわけですね。

消費者金融系のクレジットカードは、ショッピング専用とキャッシングができるもの2種類があります。
実際のところ発行されるのは、ほとんどがキャッシング付のクレジットカードだということです。
ブラックでもキャッシング付きで、発行されることが多いそうです。
キャッシングを付けたくなくても付いている…なんてこともあるようですから、ブラックでもキャッシング枠を希望しても審査には影響しないでしょう。

近年はキャッシングを推奨しているクレジットカードが多くなっています。
キャッシングは利息による利益を上げられるため、使って欲しいと思っています。
積極的にキャッシングを使ってくれそうな人は、審査に通りやすくなることもあります。
確かに以前はキャッシングを付けない方が審査に通りやすいとは言われていたのすが、現在はそうでもなくなったと言えるかもしれません。

ただキャッシング枠は、年収の3分の1までしかもらうことができません。
総量規制という法律により決められているためです。
年収が高いなら良いのですが、年収が低い方は注意をする必要があります。
年収100万円で50万円のキャッシング枠で申込みをしても、審査に落ちてしまいます。

■ブラックは高い利用限度額はもらえない

クレジットカードは利用限度額を低くして申込をすると、審査に通りやすくなると言われています。
利用限度額いっぱいまで使われて、返済をしてもらえなくなったらどうでしょうか。
利用限度額10万円と100万円だったら、100万円の方が損失が大きくなります。
10万円くらいなら貸し倒れが起きても良いか…となり、審査に通過しやすくなるのです。
ブラックでも発行できるクレジットカードも、利用限度額は最低で申込みをするのがおすめです。
高望みをしないようにしましょう。

クレジットカードの利用限度額は、返済能力を審査され決定されます。
10万円~100万円のクレジットカードだったら、審査結果により10万円の人もいれば100万円の人もいるというわけです。
ブラックでも発行できるクレジットカードは、利用限度額を最小限に抑えて発行されると言われています。
ブラックでも発行できるクレジットカードは返済できない可能性より、返済できる可能性を重要とします。
少しでも返済してもらえるのであれば、発行しようとなるのです。
ただ返済できない可能性もあるわけですから、利用限度額を高くしてしまうと貸し倒れ時の損失が大きくなってしまいます。
損失を最小限に抑えるには、利用限度額を低くすることが必要です。
ブラックでも発行できるクレジットカードの新規発行時は、高い利用限度額は期待しない方が良いでしょう。
ブラックは低ければ5万円程度、高くても10万円程度しかもらえないと思ってください。

利用限度額が低すぎる…と思うかもしれません。
5万円程度だと、すぐに上限に達してしまいそうです。
ただブラックはクレジットカードを発行するのが難しいです。
ブラックでも発行できるだけでもありがたいのではないでしょうか。
それにクレジットカードの利用限度額は、発行後に引き上げることが可能です。
発行から半年経過すれば、多くのクレジットカードでは増枠に対応しています。
増枠には審査がありますので希望通りにいくとは限りませんが、利用状況が良ければ増枠してもらえる可能性があります。
また利用状況が良ければ、希望をしなくても自動的に利用限度額が引き上がることもあります。
利用をしてもきちんと支払いをしてくれるとわかれば、クレジットカード会社がもっと使って欲しいと利用限度額を引き上げるのです。
まずは利用限度額が低くてもブラックでもOKのクレジットカードを発行し、のちに利用限度額を引き上げれば良いでしょう。

■ブラックで無職はクレジットカードを発行できる?

無職でもクレジットカードを発行することは可能です。
本来は本人に収入がないと発行できないのがクレジットカードですが、配偶者に収入がある人、学生、年金受給者などの無職でも発行できるクレジットカードも存在しています。

ではブラックで無職の場合はどうでしょうか。
ブラックでも発行できるクレジットカードには、消費者金融系と外資系があります。

まずは消費者金融系です。
消費者金融系のクレジットカードは、ブラックでも発行される可能性があります。
ショッピング専用とキャッシング機能付きの2種類がありますが、発行されるのはキャッシング付きがほとんどと言われています。
そのためブラックでも発行できますが、無職だと審査落ちするでしょう。
ショッピング機能のみのクレジットカードは無職でも発行可能ですが、キャッシングが付くと無職では発行できないためです。

クレジットカードのキャッシングは、総量規制という法律の対象となります。
総量規制では年収3分の1以上のキャッシングはできないとしています。
無職だと年収はゼロということになりますよね。
その3分の1といてもゼロですから、無職は法律上キャッシングをするのは不可能なのです。
ブラックでも発行できるとしても、無職だと発行できないことになります。
よって消費者金融系のクレジットカードは、ブラックで無職の発行は難しいでしょう。

次に外資系です。
外資系もブラックでも発行できる可能性があるクレジットカードです。
ただ外資系のクレジットカードはブラックでも発行可能であっても、審査が甘いわけではありません。
どちらかというと審査はきびしい方です。
本人にある程度の収入がないと、審査に通過するのは難しいでしょう。
定期的に収入を得ているアルバイトやパートなどの非正規社員でさえ、審査に落ちるような審査基準となっています。
多額の資産がある、不動産を持っている…なんて場合は、無職でも審査に通ることはあるかもしれません。
しかしそんな人が、ブラックになるとは考えにくいですよね。
ブラックでも発行できるクレジットカードであっても、無職では発行できないと思って良いでしょう。

ブラックで無職…という方は、アルバイトでも自営でも良いので収入を得ることをおすすめします。
消費者金融系のクレジットカードなら、少しでも収入があれば発行することができます。
無職でなくなれば消費者金融系はブラックでも発行可能ですので、クレジットカードを持てるチャンスがあります。

■ブラックにおすすめのクレジットカード

ブラックでも発行できるクレジットカードはあります。
しかし必ず発行できるとは限りません。
ブラックでも必ず発行できるクレジットカードはないの?!という方に、おすすめしたいのがデビットカードです。

デビットカードは、クレジットカードではありません。
しかしクレジットカードのように使うことができますので、クレジットカードと言っても良いでしょう。
クレジットカードを発行できないブラックにとっては、救世主のような存在ではないでしょうか。

デビットカードがブラックでも発行できる理由は、審査がないためです。
クレジットカードには、審査がないものはありません。
そのため審査に落ちてしまう可能性もあります。
ブラックだとほぼ審査に落ちてしまいますね。
デビットカードは審査が無いので、高校生以上で決済口座があれば誰でも発行することができます。
無職でもブラックでも、発行することができます。

デビットカードは使うと、連携した口座から瞬時に代金が引き落としされます。
自分の口座から支払うことになりますので、誰かに返済をする…ということはありません。
そのため審査をしなくても、発行することができるのです。
ブラックでも簡単に発行できるのは、ありがたいことでしょう。

デビットカードは、見た目はクレジットカードとほとんど変わりはありません。
VISAやJCBといった国際ブランドが付帯していますので、クレジットカードの加盟店なら使うことができます。
海外での利用も可能です。
インターネット決済も、使用することができます。
インターネット決済はクレジットカードのみとなることもあり、クレジットカードが発行できないブラックにとってはツラいですよね。
デビットカードがあれば、クレジットカードがない…と困ることがなくなります。

ただデビットカードは、クレジットカードが使えるところすべてに対応しているわけではありません。
公共料金など継続的な支払いは、できないものがほとんどです。
またガソリンスタンドなども、デビットカード払いはできないことが多いようです。

デビットカードには、一部審査が必要なものもあります。
貸付制度があるデビットカードは、クレジットカードのように審査をされます。
審査があるデビットカードは、ブラックでも簡単に発行できる…とはなりません。
ブラックだと審査に落ちる可能性の方が高いでしょう。
ブラックは審査があるデビットカードは、避けるのがおすすめです。

■ブラックにおすすめしたいACマスターカード

ブラックでも利用できるクレジットカードとして語られる機会が多いのがACマスターカードです。ACマスターカードに関しては、消費者金融が発行しているクレジットカードとしてもよく知られています。テレビコマーシャルでもよく見かけるので、クレジトカードの知名度としてはトップクラスに属しているでしょう。

こちらではブラックの方にこそおすすめしたいACマスターカードについて徹底解説します。

・審査は簡易的の可能性あり

ACマスターカードは消費者金融のアコムのクレジットカードです。消費者金融でも審査を行っているわけですが、審査結果を早く出してくれることでも知られているのです。早ければ30分程度で終了するので簡易的な検査しか行っていない、ということも十分に考えられるわけです。

審査の通過率も比較的高いとされているので、ブラックのかたは申し込みをしておきたいカードでしょう。

・リボ払い専用カードである

何も設定していないと、自動的にリボ払いになってしまうので気をつけましょう。リボ払いを解除したい場合は、、毎月の支払額を設定しなければなりません。利用限度額を毎月の支払額に設定してしまえば、自動的に一括払いになりますよ。

・即日発行してもらえる

全国にあるむじんくんで受取ができるので、即日利用もできるクレジットカードです。