Menu

クレジットカードのブラックに関する疑問を集めてみた

■ブラックリストとはどこにある?

ブラックリストに掲載されると、クレジットカードが使えなくなると言われています。
ブラックでも発行できるクレジットカードを探し続けているが、なかなか見つからない…というケースもあるのではないでしょうか。

ところでブラックリストとはどこにあるのでしょうか。
結論を言うと、ブラックリストというものは存在していません。
ブラックリストと言われると要注意人物の名前がずらりと並んでいるようなイメージがありますが、実際はそんなものは存在していないのです。

クレジットカードやローンの支払いを滞納した、債務整理をした、自己破産をしたといった場合、個人信用情報にその旨が掲載されます。
この状態をブラックになったと呼んでいます。
ブラックリストに掲載されたというのは、個人信用情報に金融事故の履歴がある状態を指すのです。
ブラックリストを管理する機関があり、ブラックリストをクレジットカード会社に提供している…とうわけではありません。

クレジットカードの審査では、必ず個人信用情報が開示されます。
その情報を元にクレジットカードを発行しても貸し倒れのリスクがないか?を審査していきます。
ブラックになるような行為をする人と、クレジットカード会社はかかわりを持ちたくありません。
貸したものを返してくれないわけですから、当然ですよね。
そのためブラック情報がある時点で、審査落ちとなるクレジットカードが多いのです。
また現在使用しているクレジットカードも、与信審査でブラック情報が出てくるとクレジットカードの利用停止措置が取られます。
ブラックになったおかげで、急にクレジットカードが使えなくなることもあるのです。
ブラックでもクレジットカードを使うには、かなり難しいとなってしまうでしょう。

ブラックになるとほとんどのクレジットカードが、新規発行できなくなってしまいます。
ただブラックでも発行可能なクレジットカードも、少ないですがいくつかあります。
現在はクレジットカードがないと不便な時代となっています。
インターネットショッピングはクレジットカード決済しかできないケースは、少なくありません。
また海外に行くときに、クレジットカードがないと困ります。
ブラックでもクレジットカードが欲しいと思う場面は多いでしょう。
どうしてもブラックでもクレジットカードを発行しなければならない…というときは、ブラックでも発行可能となっているクレジットカードを選ぶしかないでしょう。

■ブラック情報が掲載されている個人信用情報とは?

個人信用情報機関に金融事故情報が掲載されると、ブラックとなります。
ブラックになるとクレジットカードが使えなくなり、ブラックでも発行できるクレジットカードを探さなければなりません。

個人信用情報には、名前、住所、勤務先などの個人の情報が記録されています。
そしてクレジットカードやローンなど、金融商品の利用履歴が掲載されています。
申込み、契約、利用、支払い、解約などが記録されており、その人がどのようにクレジットカードを利用しているかが一目瞭然です。
延滞や債務整理、自己破産などをしてブラックであることは、個人信用情報を見ればすぐにわかるというわけなのです。
クレジットカードの審査では個人信用情報が必ず参照されます。
ブラックであることを、隠してクレジットカードを発行するのは不可能と言えます。
ブラックになってしまうと、ブラックでも発行できるクレジットカードでなければ、使用できないというわけなのです。

個人信用情報は、個人信用情報機関というところで管理されています。
CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターがあり、CICはクレジットカード、JICCは消費者金融、全国個人信用情報センターは銀行が主に加盟しています。
クレジットカードの審査ではCICの情報が開示されることになります。
そうなるとJICCにブラック情報があっても、クレジットカードは発行できるのでは?と思いますよね。
JICCの情報が見られないのであれば、ブラックでもクレジットカードを発行できるような気がします。
しかし個人信用情報機関は、それぞれで情報を共有しています。
JICCのブラック情報は、CICを開示してもしることができるようになっているのです。
そのためCICにブラック情報がなくても、JICCにブラック情報があれば、クレジットカードの審査に落ちることになります。

個人信用情報は、本人であれば開示することができます。
開示請求をして手数料(1,000円程度)を支払えば、自分がブラックであるかの確認ができます。
クレジットカードの審査に落ちる…という方は、自分がブラックなのかを確認してみると良いでしょう。
ブラックになるような行為をしたのが消費者金融であればJICC、クレジットカードであればCIC、銀行であれば全国銀行個人信用情報センターに、開示請求をすると良いでしょう。
ブラックであれば、ブラックでも審査に通る可能性があるクレジットカードを探す必要があります。

■ブラックとなってしまう原因

クレジットカードが使えなくなるブラックには、どのような原因でなってしまうのでしょうか。
ブラックになる原因を知り、ブラックにならないようにしましょう。

・延滞、滞納
61日以上の延滞、3か月以上の滞納をすると、ブラックとなります。
クレジットカードやローンなどは、支払日が決まっています。
支払日に支払いが行われないと、クレジットカード会社から連絡が入ります。
その後にすぐ支払いを済ませば、まだブラックとはなりません。
この時点では、まだクレジットカードの新規発行もしやすいです。
しかし長期の延滞や滞納になってしまうと、個人信用情報に金融事故として記録されてしまいます。
こうなるとブラックでも審査通過の可能性があるクレジットカードでなければ、新規発行ができなくなります。

・債務整理、自己破産
支払いが大変になり利息を減らしたりする行為が、債務整理です。
自己破産は借金をチャラにし、一から出直す行為です。
これらは借りた方の落ち度により、支払いができなくなってしまった状況です。
貸した側としては返ってくるべき金額を踏み倒されるわけですから、好ましい行為ではありません。
重大な金融事故として、個人信用情報に記録されてしまいます。

・代位弁済
借主が返済できなくなり、連帯保証人が支払いをすることと代位弁済といいます。
借主は返済をしていないわけですから、もちろん金融事故として処理をされます。
クレジットカードやキャッシングなどは、連帯保証人は必要ありません。
借りる金額が大きくなる住宅ローンなどで、代位弁済によるブラックとなる可能性が出てきます。

こういった行為を行うと、クレジットカードを使うのは難しくなります。
金融事故を起こした罰として、受け入れるしかありません。
ブラックでもクレジットカードが欲しい…となり新規申込をしても、審査に落ちるケースが多くなるでしょう。

ブラックでも発行できるクレジットカードはありますが、数は少ないです。
それに絶対に審査に通過するということもありません。
じゃあどうすれば良いの?!クレジットカードなしで我慢しなければならないの?となりますよね。

ブラックでもクレジットカードが欲しいときは、デビットカードが良いでしょう。
デビットカードはブラックでも簡単に発行できます。
審査がないため、ブラックでも発行可能なのです。
デビットカードは国際ブランドが付帯していますので、海外での利用も可能です。
ブラックでもクレジットカードがなく困った…とならずにすむでしょう。

■ブラックは一生続く?

ブラックになってしまうと、一生ブラックとして生きていかなければならないのでしょうか。
ブラックはクレジットカードが使えず、日常生活に支障をきたすこともあります。
ブラックでも、いつかはクレジットカードが発行できる日は来るのでしょうか。

個人信用情報に記録されたブラック情報は、一生残るものではありません。
掲載期間が決まっており、時期がくれば自動的に消滅します。
年月の経過を待てば、ブラックでなくなる日がくるのです。
クレジットカードの審査で開示されるCICでは、5年経過すればブラック情報は消えると言われえいます。
個人信用情報からブラック情報がなくなれば、無理にブラックでも発行可能なクレジットカードにこだわらなくても良くなります。

だたブラックでなくなったから、すぐにどんなクレジットカードでも使えるようになる…とはなりません。
まだクレジットカードを発行しにくい状況は続きます。
ブラックになると、クレジットカードが使えなくなります。
今まで使用していたクレジットカードは利用停止となり、新規発行もしにくくなります。
その間は個人信用情報に、何も記録されない状況になります。
個人信用情報は、真っ白の状態になるのです。
クレジットカードの申込をして個人信用情報を開示したときに、全く記録がないのは審査に落ちやすくなります。
現在はクレジットカードなど、金融商品を全く使わない人はいないとされています。
確かに誰でもクレジットカードの1枚や2枚くらいは持っていますよね。
それなのに個人信用情報に全く記録がないのは、「ブラックでした!」と言っているようなものです。
ブラック情報がなくなっても、ブラックであったことは推測できるわけですね。
クレジットカードはブラックでは審査に落ちやすくなります。
過去にブラックであることが推測されれば、やはり審査に落ちる…となってしまうのです。

ブラック明けの最初の一枚は、ブラックでも発行できるようなクレジットカードがおすすめとなるでしょう。
審査が少しでも厳しめのクレジットカードでは、審査に通過するのは難しいと思われます。
ブラックでも発行可能なクレジットカードで利用実績を積んでから、他のクレジットカードの取得を目指すのが良いでしょう。

個人信用情報にブラック情報がなくなったからといって、すぐにどんなクレジットカードでも使えるようになるわけではないのです。
ブラックでもクレジットカードを発行するのは、難しいということですね。

■ブラックを消す方法はある?

ブラックになると、クレジットカードが使えなくなってしまいます。
ブラックでもクレジットかカードが欲しいので、ブラックを消す方法はないか?と探すケースもあるようです。

インターネットで調べると「ブラック情報を消します」といった広告が出ていたりします。
ブラックでなくなるなら…と、飛びついてしまう人もいるようです。
しかしこういった広告は、信用できるものではありません。
ブラックを消すために手数料が必要だとか、ブラックを消す業者への紹介料が必要だとか、なんやかんやでお金を請求されます。
いわれるがまま支払っても、結局ブラック情報が消えずに業者と連絡が付かなくなる…というパターンのようです。
こういったインターネットの情報には、騙されないようにしましょう。

「ブラックを消す」というのは、不可能なことです。
個人信用情報に記録されたブラック情報は、どうやっても消すことはできません。
どんなにお願いをしても無理ですし、お金を積んだとしても無理です。
権力者であっても、個人信用情報を操作することは無理です。
ブラック情報の掲載期間が経過しないと、ブラックが消えることはないのです。
なので「ブラック情報を消します」なんて業者は、ウソをついているだけということになります。
こういった業者は、利用者の情報を闇金に流したりもします。
闇金からあやしいダイレクトメールがとどいたり、融資をしたいといった電話が頻繁にくるようになることがありますので注意をしてください。

ブラック情報は、CICですと5年で消えると言われています。
ブラックを消すには、5年待つしかないでしょう。
ただ滞納を続けている状態では、いつまでもブラックということになります。
ブラック進行中の場合は、ブラックでも発行できるクレジットカードでも審査落ちします。
まずは滞納を解消しなければなりません。
どう頑張っても支払いができないようであれば、債務整理を考えるのが良いでしょう。
債務整理は自分でもできますが、手間や知識が必要です。
弁護士など専門家の力を借りる方が、どのような手段が適当なのかを判断してもらえますしスムーズに進みます。
費用はかかりますが、早く滞納を解消できる可能性があるでしょう。
滞納を解消できたら、そこから5年間はブラックということにないります。
ただ現在進行形のブラックではなくなりますので、ブラックでも発行できるクレジットカードなら審査に通る可能性が出てくるでしょう。