Menu

クレジットカードとブラックの基礎知識

■クレジットカード審査に落ちるブラックになるケース

ブラックになるとクレジットカードが使えなくなります。
新規発行もできず、クレジットカードなしの生活を強いられることになるでしょう。
ブラックでもクレジットカードが欲しい…と思っても、難しくなってしまうのです。

クレジットカードを使うには、ブラックにならないことが最良です。

ブラックになってしまうケース

・延滞や滞納
61日以上の延滞、3か月以上の滞納すると、個人信用情報に「異動」という記載がされます。
支払いをしない間はずっと「異動」となり、ブラックを解消することはできません。
なるべく早く完済をし、「異動」を消すことが必要です。

・債務整理や自己破産
借金を整理すると、個人信用情報に記載されブラックとなります。
貸した側としては支払われるべき金額が減らされたり、踏み倒されてしまうわけですから、好ましくない人となってしまいます。

・過払い金請求
完済した分の過払い金請求は、個人信用情報に記載されずブラックとはなりません。
しかし支払い中の借金で過払い金請求をすると、債務整理と見なされてしまいます。
債務整理=ブラックとなりますので、過払い金請求でもブラックとなることがあるのです。

・多重申込
クレジットカードに申込みをすると、個人信用情報に記載がされます。
同時期に複数枚のクレジットカードに申込みをした履歴があると、申込みブラックとなります。
クレジットカードは何枚までしか申込めないという制限はないのですが、同時期に5枚も6枚も申込をするとお金に困っている人と審査で判断されます。

以上のような行為をした心当たりがあるなら、確実にブラックであると言えます。
クレジットカードに申込みをしても、審査に落ちる可能性がかなり高いです。

ブラックでもクレジットカードが欲しいという場合は、ブラックの解消を考えましょう。
個人信用情報機関はいくつかありますが、クレジットカード審査で開示がされるのはCICと言われています。
CICでは延滞、滞納を解消してから債務整理、自己破産などを起こしてから、5年経過すると自動的に消えるようになっています。
ブラックでもクレジットカードが欲しいなら、5年経過してから申込をするのがおすすめです。
申込履歴は6ヶ月で消滅しますので、多重申込をしてから6ヶ月以上経過してから、クレジットカードに申込みをしましょう。
個人信用情報機関上ではブラックではなくなりますので、クレジットカードを発行できる可能性が出てきます。

■ブラックなのかを確認してみよう

自分がブラックであるかわからない場合は、ブラックなのかを確認してみましょう。
クレジットカードに申込みをしても、どれも審査に落ちる…といったときは、ブラックである可能性があります。
確認をしてブラックだと判明すれば、ブラックでも発行可能なクレジットカードを選ばなければなりません。

ブラックかを確認する方法は、個人信用情報の開示です。
クレジットカードの審査ではCICが開示されますので、CICの情報を開示してみましょう。
手数料を1,000円程度支払えば、自分の情報を開示できます。
ただインターネットでの開示は、手数料をクレジットカードで支払わなければなりません。
クレジットカードを発行できない身では、支払いができないでしょう。
クレジットカードでの支払いができない場合は、郵送で開示をしてください。
ゆうちょ銀行の定額小為替証書で、支払いをすることができます。
インターネットに比べると開示まで時間がかかってしまいますが、クレジットカードで支払いができないなら仕方がありません。

個人信用情報を開示したら、「お支払いの状況」という欄を確認します。
そこにある「返済状況」という欄に、「異動」となるとブラックとうことになります。
この時点ではブラックでもクレジットカードが欲しい!と思っても、クレジットカードの取得は諦めた方が良いでしょう。
ブラックでも発行できるクレジットカードを取得するには、「終了状況」という欄に「終了」と記載されている必要があります。
終了とあれば延滞を完済したことになり、ブラックでもクレジットカード審査に通る可能性が出てきます。

ただ「終了」となっていても、ブラックであることは変わりはありません。
CICだと完済をしても、ブラックの情報は5年間残ります。
一番良いのは5年経過してブラックでなくなってから、クレジットカードに申込みをすることです。
ブラックでなければ、クレジットカードを発行できる可能性が大きくなるためです。
ブラックでも発行できるクレジットカードはありますが、数は非常に少ないです。
現在はたくさんの種類のクレジットカードが発行されていますので、少しくらいはブラックでもOKのクレジットカードがあるような気がするかもしれません。
しかしブラックでもOKとするクレジットカードは、非常に少なく見付けるのは大変なのです。
それだけブラックは、クレジットカード会社に警戒をされていると言えるでしょう。

■ブラックでも発行できるククレジットカードは?

クレジットカードは、審査基準がそれぞれ異なります。
審査が甘いクレジットカードもありますし、審査が厳しいクレジットカードもあります。
審査に甘いクレジットカードなら、ブラックでも発行できると思うかもしれません。
しかしそれほど甘くはないのが現実です。
ブラックでも発行できるクレジットカードは、ごくわずかしかないのです。

ブラックでも発行できるクレジットカードの特徴

・消費者金融系
クレジットカードの発行元でも、一番審査が甘いのが消費者金融系とされています。
クレジットカードの審査は、現在はほとんどが機械での自動審査となっています。
申込みフォームに記載された項目をスコアリングして、一定の点数に達すると審査に通過できるようになっています。
ここで個人信用情報を確認し、ブラックの情報があると機械にはじかれるシステムとなるクレジットカードがほとんどす。
クレジットカードに申込みをすることはできますが、ブラックはほぼ門前払い…となってしまうとなるでしょう。
しかし消費者金融系のクレジットカードは、自動審査+人の手での審査が行われます。
ブラックでも人の審査により少しでも返済能力があると認められれば、審査に通過することができます。
ブラックだからと、即審査に落とされる…ということはないのです。
ブラックでも発行できるクレジットカードの、最有力候補となるでしょう。

・外資系
外資系のはブラックでも発行できる、数少ないクレジットカードの一つです。
外資系のクレジットカード会社は、現在の返済能力を見た審査を行います。
過去にブラックとなるような行為があったとしても、現在に問題がなければ良いという姿勢なのです。
ブラックになるとまた同じようにブラックとなるようなことをされるのではないか?との心配があります。
そのためブラックになると、クレジットカード審査に通らなくなります。
しかし外資系は、過去の過ちには寛大であると言えるでしょう。
外資系はもともと富裕層向けに、クレジットカードを発行しています。
お金に困っているわけではないけれど、うっかり滞納をしてブラックになった…というケースもあります。
そんな人はブラックであっても、クレジットカードを発行しないのはもったいないという考えなのでしょう。
外資系のクレジットカードはブラックでも発行できますが、審査が甘いわけではありません。
富裕層向けなのでそれなりに収入があり返済能力があるブラックでないと、発行するのは難しいです。

■ブラックでないのにクレジットカード審査に落ちる?

ブラックではないのに、クレジットカード審査に落ち続けることがあります。
それがホワイトと呼ばれる人たちです。

ブラックになると、クレジットカードなどの金融商品が使えなくなります。
その間は個人信用情報に何も記載されません。
またブラックから5年経過すると、ブラック情報がクリアされます。
個人信用情報が真っ白になるため、「ホワイト」と呼ばれています。

個人信用情報が真っ白な状態でクレジットカードに申込みをしても、審査に落ちやすくなります。
それは真っ白であるのは、ブラックだったからと思われるためです。
個人信用情報にはブラックの情報がなくなっても、クレジットカード審査ではブラックであったと予測ができるようになっているのです。
ブラック=クレジットカード審査に落ちるとなりますので、ホワイトも審査に落ちる…となってしまうのです。

ホワイトの場合は、ブラックでも発行できるクレジットカードがおすすめとなります。
ブラックでも発行できるなら、ホワイトでも発行できるのは当たり前ですね。
まずはブラックでも発行できるクレジットカードを使い、クレヒスを構築してください。
使って返済を繰り替えしていると、自然にクレヒスが構築されていきます。
ある程度のクレヒスが構築された状態でクレジットカードに申込みをすれば、ホワイトよりも審査に落ちにくくなります。
ブラックだと門前払いとなっていたクレジットカードでも、発行できる可能性が高くなります。

ブラックの経験がないのに、ホワイトというケースもあります(スーパーホワイトと呼ばれることもあります)。
現金主義でクレジットカードなどの使用を一切してこなかった場合、個人信用情報は真っ白となります。
ブラックでなければクレジットカードを発行しやすいのでは?と思いますが、実はそうでもありません。
今どきクレジットカードを使わない人なんていないので、ホワイトであるのがブラックだから…と判断されてしまうためです。
個人信用情報を見ただけでは、ブラックでホワイトになったのか、現金主義でホワイトなのかの判別はできません。
ブラックではないのにブラック経験者と判断されると、クレジットカード審査に落ちてしまうのです。
こういったホワイトの方も、ブラックでも発行できるクレジットカードを選ぶのが無難です。
ブラックでも発行できるクレジットカードでクレヒスを積み、それから好きなクレジットカードの取得を目指すのが良いでしょう。

■ブラックは申込フォームの作成に注意!

ブラックでも発行できるクレジットカードでも、必ず審査に通るわけではありません。
ブラックでも発行できる可能性は、高くはないでしょう。
100%審査に通過すると思わず、少しでも発行できるように申込をする必要があります。

ブラックでも発行できるクレジットカードの申込フォームは、適当に作成しないようにしましょう。
以前はクレジットカードの申し込みは、対面で行われていました。
対面の場合は申込者の身なりや言葉遣いなども、審査に影響を与えることになります。
しかし現在は、ほとんどがオンラインによる申込になっています。
申込者がどのような人となりなのかは、目で確認することはできません。
申込みフォームにより、どのような申込者なのかを推測することになります。

申込みフォームの印象を良くするには、丁寧に作成することです。
空欄が多いと、正確な審査を行えません。
クレジットカードは申込みフォームに記載された項目を点数化し、スコアリングして審査を行います。
空欄だと点数が付けられませんので、合格ラインには達しにくいと考えられます。
ブラックでも発行できるクレジットカードでも、審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。
個人情報の管理が問題になっている昨今は、クレジットカードの申込でも個人情報をあまり記載したくない…ということもあるようです。
ただこれでは、審査に落としてくださいと言ってるようなものなのです。

また申込フォームには、虚偽を記載しないことです。
ブラックというだけで審査に落ちやすくなりますので、都合の悪いことは記載したくないと思うのは当然かもしれません
だからといって、審査に通りやすいようにウソを記載するのはやめましょう。
ウソを記載しても、審査でばれてしまうと考えられるためです。
個人信用情報を見れば、だいたいのことは判明します。
それに審査をする方は、たくさんの例を審査してきたプロです。
おかしな部分は見逃さない目を持っているので、ごまかすのは難しいのです。
虚偽が判明すると、クレジットカード会社を欺くような人間性に問題がある人と言えるでしょう。
しかもブラックであれば、審査に通ることはほぼないと思われます。
ブラックでも審査通過できるクレジットカードでも、審査落ち決定となる可能性が高くなります。

クレジットカードの審査は、申込みフォームを作成する時点で始まっています。
ブラックでも発行できるクレジットカードだから審査通過できるだろうと、簡単に思わないでください。

http://cretatsu.com/shinsa/needs-black-ok.html